カードローンを作ると、住宅ローンが通らなくなるって本当?

カードローンの危険性

カードローンの危険

カードローンの危険性

カードローンのCMを最近はよく見かけませんか?カード会社が発行するクレジットカードについたキャッシング機能を始め、消費者金融のカードローンも身近なイメージをつけさせようと好感度の高いタレントや女優を起用しています。カードローンは本当に怖いものだと知らずに手軽につくって使用し始めると大変な事態に陥るでしょう。

カードローンには総量規制という法律が出来る前、相当な利息が取られていました。18パーセントを超える利息がカードローンの残高に組み込まれていたのです。利用者の多くは目の前の資金に飛びつきこの実態を把握していません。その結果カードローンの残高は雪だるま式に膨れ上がっていきました。消費者金融はかなり儲けていた時代です。また、クレジットカード会社も収益はキャッシングの利息から得ていました。

しかし、総量規制が施行され、上限の利息を超えることはできなくなり、事態が一変します。消費者金融やカード会社にたいして過去10年間の払いすぎた利息を過払い要求できるようになったのです。

この過払い返還要求は弁護士事務所や行政書士のいい仕事となり、よくわかっていない利用者にかわって返還の要求を行うよう積極的に周知し始めました。この結果、消費者金融の経営は立ち行かなくなり、系列の銀行の傘下に入っていきます。またクレジットカード会社は収益の柱をショッピングの手数料へとシフトせざるを得なくなりました。今までのグレーゾーンは撤廃され、過去に遡って支払いを命じるという利用者の立場にたった法律です。

これによって利用者が救済されたかというと必ずしもそうとは言い切れません。消費者金融やカード会社の審査が厳しくなったことで、そこからお金を借りられない人がでたのです。そういう人たちが行き着く先は闇金または自己破産です。この法律ができたことでお金が返ってきたひとも多くいるでしょう。しかし、カードローンすら借りられなくなった人々はどうすればいいのでしょうか。